SENGA CYCLE 中地店 - 愛知(津島 愛西 弥富 あま)一般車から本格スポーツ車まで!お任せください!(中地店:スポーツ車 本店:一般車)

専用工具

a:39788 t:2 y:17

工具

ぼくの右腕

ここでは、当店で使用している専用工具なんかを紹介します。

日々の作業で酷使されています。
これがなきゃ、仕事がやりづらいです!!

高価なものもたくさんありますが、なかなかモトは取れません(^^;;

自転車の本格整備には、

  • 高価な専用工具
  • 職人の知識と腕
  • 時間

がかかりますので、作業には工賃がかかることをご了承ください。

ヘッドワン圧入工具

ホーザン圧入工具

オヤジの代から当店に仕える忠臣。

数々の仕事を文句もなくこなしてきた、タフなヤツ。

ちょっとベアリングの玉の数が足りないが、それが勲章。

難しい仕事も、特殊アダプタを知り合いの工場にお願いして作ってもらい、順調に作業できました。


パーク圧入工具

しかし、時代の流れには勝てず、最近世代交代の波に押し流され、その座を明け渡しつつあります。


下玉押し圧入工具

パーク下玉押し圧入工具

あったらいいな的、存在。

これがなかなかのすぐれもの。

下玉押しは、今までガツガツ叩いていたのに、”ムニューッ”とセットできちゃいます。


パーク下玉押し圧入工具2

下玉押しにあったアダプタを選びます。

こんな感じでセットします。


パーク下玉押し圧入工具3

あとはハンドルをまわすだけ!

これで、”ムニューッ”とセットできます。


下玉押し外し工具

C440

これは待ちわびていたので、発売と同時にすぐ予約しちゃいました。

近年のフロントフォークは下玉押しが、はみ出ません(^^;;。

今までは

  • ”コ”の字型の工具で叩く
  • 細心の注意を払いながら、マイナスドライバをしのばせ、すこしづつ持ち上げていく

ぐらいでしか外せなかったのです。(結構、ひずむことも多いです。)

・・・が、これを使うとフロントフォークの下玉押しを横からつかむことができ、上に引っ張りあげて外すことができます。

これにより下玉押しを痛めることなく外せます。

難点は、この工具の原理をも越えたヘッドパーツとフォークが結構存在し、使えないこともあるということです(^^;;。

悲しいです(T^T)。


泣く子も黙る・・・カンパ工具セット

カンパセット1

オヤジの時代に購入した、カンパ工具セット。

値段は50万?60万??・・・知りません(^-^;;。


カンパセット2

この外箱を壁に飾るだけでも、メカニックとしてなんとなく、誇らしく思えるかも・・・?

1インチ、JISフレーム用の工具なので、現在のフレームには使えるものも少なくなってきちゃいました・・・(T^T)。

でも、カンパの工具の使用感は最高です。
値段だけのことはあります!

今も現役で活躍中のものは・・・

BBカップ脱着

カップ&コーンタイプのBBカップ脱着の時に使用します。

スパナタイプでは緩まないのモノもコレならOK!

現在は、ママチャリ系で活躍していたりします(^-^;;。


BBタップ

これは現役バリバリの、BBタップです。

アルミなら、生地の状態からでも切れちゃいそうです。
切れ味サイコー!

ちなみにJIS用。たまにママチャリのハンガーのタップもこれでさらえています。(2万円の自転車に、15万円の工具・・・ん〜っ???)

ITAはHOZANの工具を準備しています。

BBタップ作業1

こんな感じで削ります。
めっちゃ削れて、怖いこともあります。


BBフェイス

これも現役バリバリ!

BBフェイス・カッターです。

気持ちいいので、削りすぎには注意しましょう!!

JIS、ITAのアダプタもありますので、どちらでも対応できます。

BBフェイス作業1

タップ&フェーシングでキレイ綺麗になりました。
これでベアリングもスムーズに回りますね!


フレームヘッド・フェイシング

HTR−1

フレームのヘッドのフェイシング・ツールです。

1インチからワンポイントファイブ(キャノンデールサイズ)までOKです。

ヘッドチューブに対する90度のフェイスを整えます。

  • 必要?

ん〜っ・・・必要!!・・・かな?


クラウンレース・カッティング

CRC−1

フォーク・コラムに対し、下玉押し圧入の座面が90度になっているかが問題で、これを修正する工具です。

90度になっていない(正確には許容範囲を超える)場合は、不良品!という考えもあります。

まぁ、塗装を削り面を整えるのが役目です。

作業中

作業中・・・削れているところと、削れていないところがあります。-->斜めだった、ということ。

作業完了

これで綺麗になりました!!

この工具で修正しても、コラムが歪んで装着されているフォークの場合、ヘッドはOKでも、そのフォークは正しいのでしょうか???
まぁ、不良品をそのままバイクにつけられるよりはもちろんマシですが・・・。

やれ!といわれれば、もちろんやります!!


ディレイラー・ハンガー修正

DAG−1

これも、もちろん必需品。
めっちゃ使います!!

DAG−1作業1

こんな感じでまず何処かに基準をあわせます・・・。

DAG−1作業2

あらら、反対側はリム側面に当てることもできません(^^;;。
歪んでますね・・・完全に。

最近は完成車&フレームともに、新品から結構ハンガーは歪んでいます。

あなたのバイクは大丈夫?


ディスクマウント・フェイシング

DT−1

欲しかったのですが、結構迷って購入しました。

ディスクブレーキの

  • パッド
  • ロータ

の平行を出すためには、要素が多すぎます。

フレームのディスクマウントのフェイシングをするだけでは、、、

理想は、

  • フレームのエンドの平行
  • ハブのロータ取付け台座の平行
  • フレームのディスクマウントの平行
  • パッドの精度
  • ピストンの状態
  • オイルの状態
  • etc.

すべて揃えばベストです。

この不確定要素のバランスをとっているのが現状です。

一番歪みの多い(塗装ののりすぎ等)のが、フレームのディスクマウントなので、、、

まぁ、とりあえず道具はないと、始まりませんので(^^;;。


フレーム・タップ各種

フレームタップ

なんでフレーム屋さんは、塗装した後にタップをたててくれないのかなあ・・・(素朴な疑問)

BBやフェイス、ヘッドのフェイスも・・・。

作業が増える!のはわかるのですが、フレームを組み上げるときは、必ず必要な作業でしょう!

なんでかなぁ・・・。

ということで、フレームの各種タップです。

  • リアメカ・ハンガー
  • エンドのネジ(クロモリなど)
  • ボトルゲージ
  • ペダル


シールドベアリング圧入工具

シールドベアリング圧入工具

今まではハンマーで叩いて打ち込むしかなかったシールドベアリングを、ゆっくり&シットリ圧入できる優れモノ!

主にホイール用のアダプタがたくさんあります。

これで衝撃による新品ベアリングの劣化も防げますね!!


シールドベアリング取り外し工具

シールドベアリング取り外し1

今までは棒を突っ込み、ハンマーで叩いて外していたシールドベアリング。
高価なベアリングも増えてきて、オーバーフォールすることも多くなってきましたので、GETしました!
ベアリングを、ゆっくり&シットリ外せる優れモノ!

主にホイール用のアダプタがたくさんあります。

これで衝撃による新品ベアリングの劣化も防げますね!!

シールドベアリング取り外し2
シールドベアリング取り外し3


シールドベアリング着脱圧入工具

シールドベアリング着脱

スイングアームなどのベアリングを無理なく脱着する工具。


パイプカッター&バリ取りナイフ

パイプカッター

パイプカッターです。
これは、もうスグレモノ!

  • ハンドル・カット
  • フォークコラム・カット

で大活躍の工具です。
時間短縮、作業確実!もう、スグにモトは取れます。

ちょっと注意は、シートピラーはやらないようにしましょう!
(入るまでヤスルのに、めっちゃ時間がかかります(^^;;経験談)

バリ取りナイフもスグレモノですが、硬いものにはちょっと弱いです(^^;;。
あと内側はOKなんですが、外側を簡単にできる工具はないですかねぇ・・・。

・・・と書いたら、お客さんがすんばらしい工具を紹介してくれました!!下の工具です。本当にさんきゅ!でした。(2008/7)


パイプリーマー

パイプリーマー1

パイプリーマーです。

手で、ガバッと掴んで、グリグリ押し付けて削ります。

パイプリーマー2

48枚歯がついていますので、なんでもOK!!?

もうヤスリはいらない?

ちなみに、削る&切るときは、しっかり切削油を使いましょう!
加工物も工具も痛めにくいです。


(つづく・・・現在作成中)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional